「高校 野球・プロ 野球」チーム特集

高校野球やプロ野球のチーム情報、選抜・甲子園情報、ドラフト情報をお送りします!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジャイアンツ


ニックネームの「ジャイアンツ」はアメリカメジャーリーグのニューヨーク・ジャイアンツから取り、創設時には東京ジャイアンツと名乗った。

1953年、ニューヨーク・ジャイアンツを真似てチームカラーをオレンジと黒とし、翌年にはYGマークも登場した。1960年はカラーテレビ用として、帽子のつば、胸のロゴ、背番号の3箇所が赤いユニフォームが使用された。1992年まではユニフォームの色も黒とオレンジの組み合わせだったが、長嶋茂雄が監督に復帰した1993年に、黒からミッドナイトブルー(濃紺)に変更され現在に至る。また「GIANTS」のロゴは第1次長嶋監督時代の期間(1975年?1980年)はサンフランシスコ・ジャイアンツにあやかった細長いタイプのローマ字デザインであったが、1981年からの第1次藤田監督時代移行は球団創設時代からのデザイン(早稲田大学のユニフォームと同じ書体であるため、一般に「早稲田文字」と言われる)に戻し現在に至る。

ただ2006年からはユニフォーム製作会社の変更もあり、ロゴデザインが花文字に変更される。またホーム用は「GIANTS」の胸の表記は一貫して変更は無いが、ビジター用は以前の「TOKYO」から2002年7月より「YOMIURI」に変更。2005年はシーズン開始から帽子と同一のYGマークを左胸部に付けるデザインになったが、翌2006年からは1952年以来54年ぶりに胸ロゴが「GIANTS」に戻され、同時に地色が黒に変更される(なおパンツの色は白で、上下の色が異なるユニフォームはジャイアンツ史上初である)。

また2006年は日曜日・祝日のホームゲーム限定で、ロゴデザインが右上がりの筆記体(2002年より3年間使用されたビジター用セカンドユニフォームと同じ)のユニフォームを身に纏う。

アンチ派を増やした事件は大小合わせると数多く、新評論の「巨人軍非栄光の歴史」(平成3年石川隆太郎・著作)などでも明らかなように別所引き抜き事件や湯口事件、江川事件、桑田裏金事件(「さらば桑田真澄、さらばプロ野球」〔中牧昭二著・リム出版〕で明かされた金品要求や登板日漏洩疑惑などは社会的に大きく取り上げられた)、杉山直樹の婦女暴行事件、岡島秀樹の酒気帯び運転、上原浩治が人身事故を起こしながら重傷の被害者を放置し車にこもり続けた事件(上原は「(被害者を)轢いてはいない」と主張したが、轢いていたことがすぐに明らかになった)などは野球ファン以外にも知られる。

監督は創立当初を除けば全てチームの生え抜き選手が就任しており、他球団OBが監督になっていない唯一の球団である(創立時に監督を務めた藤本定義もプロ経験はないので他球団OBではない)。一度監督を経験した者の再任はないという内規があったが、1989年に藤田元司が2期目の監督に就任したことで破られた。

巨人といえば優勝争いの常連・強豪というイメージが強かったが、実は日本シリーズ9連覇(V9)を達成した1973(昭和48)年以降は日本シリーズで連覇をしたことが一度もない。また、セ・リーグ連覇も1990(平成2)年が最後でその翌年から現在に至る16年間、一度も達成していない。

初代マスコットはミスタージャイアンツ。長嶋茂雄が「ミスタープロ野球」と呼ばれているのは、敬意の他にこのマスコットと混同しないためと思われる。ミスタージャイアンツは長嶋茂雄の太い眉、王貞治の大きな目、川上哲治の太鼓腹がモチーフになったと言われている。

2代目はバットに乗りボールに帽子と顔と手足を足した「バットに乗った少年」で、1980年から1991年までの11年間の長きにわたり使用された。
3代目は1992年から今日まで使われている「ジャビット」である。これはチームのロゴマークであるYGの組み合わせに、ウサギを絡ませたものである。

2006年からエンブレムが変更、「G-KING」という巨人が描かれたものになった。マスコットはジャビットのままである。

人々の間で呼び方がそれぞれ違うが、ファンの間では「巨人」がよく用いられる。また、他球団のファンは「巨人」という呼称は球団名の一般的な略しかたと異なるため特別な印象を与えると考えて「読売」を用いることもある。最近のマスコミはニックネームを使う傾向があり、「ジャイアンツ」と呼ぶことが多い。

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://baseballlinks.blog66.fc2.com/tb.php/26-d22fec75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。